茶の間DDの備忘録

茶の間から全力で天才Genius・本髙克樹くんに愛を叫ぶDDのブログです

元担について



伊野尾慧くん。そう、最近人気の。っていうのは嘘です。伊野尾くんは元々人気でした。確かに一般からの認知度は今に比べてかなり低かったですけど。でも、JUMPの中では元から人気な方だったと思います、多分。笑

 

ただ他のメンバーに比べて仕事が少なかったりソロパートがなかったり、立ち位置が端っこだったり。とにかく扱いがあんまり良くなかったのは事実です。大学に行っていたから?メンバー初の大学生だったから?もしかしたらそれが理由で思うような活動が出来なかったのかもしれません。そう頭ではわかっていてもファンはなかなか納得できませんでした。だって大学生活と芸能活動を両立してる人なんてたくさんいるんだもん。



こんなに綺麗な顔してるのに。こんなに良いキャラしてるのに。良いところなら他のメンバーに負けないぐらいたくさん良いところがあるのに。



こんなことを考えるのは日常茶飯事でした。しかし、なかなか状況は変わりませんでした。当たり前です。明らかな、わかりやすい格差があったわけではないので一般からの同情は得られず問題にはならなかったのです。格差が大きければよかった、とは全く思っていませんが少しでも問題になれば「かわいそうだから応援してあげよう」と言ってじわじわ人気が出たり、そこまで行かなくても「あのかわいそうな子だ」と認知してもらえる可能性がありました。しかし、伊野尾くんの場合はそこに"格差"のようなものがあろうと誰にも問題にしてもらえなかったのでファンは陰で泣くしかなかったのです。

…で、気づいたら私は降りてました。別に仕事がなくて応援し甲斐がないとか、好きじゃなくなったとかそういう訳ではなく伊野尾くん以上に「応援したい!!」と思える人に出会ってしまったからです。

…で、気づいたら伊野尾くんがテレビに出まくってました。本当に"気づいたら"です。何が起きたのかは全くわかりません。

誰か説明してください(土下座)

でも伊野尾くんは何も変わっていませんでした、多分。少し安心しました。




大学を出て大学院も出てやっとテレビに出まくっている伊野尾くんを見て思ったこと

「頑張ったね、伊野尾担」

この一言に尽きます。伊野尾くんをねぎらうよりは根気強く応援し続けた伊野尾担、つまり元同担を褒めたいです。伊野尾くんも良く頑張ったとは思います。でも伊野尾くんにはちゃんと見返りが返ってくるので私が労う必要はありません。だから見返りを求めず、(強いて言うなら伊野尾をたくさん見れるという見返りはあるが)ひたすらに伊野尾くんを応援し続けたファンに労いの言葉をかけたいです。






「今でも伊野尾くんのこと好き?」


___そう聞かれたらすぐに うん とは答えられないでしょう。でもそれは伊野尾くんが変わったからではありません。私が変わったのです。

今では伊野尾くんと共通点が多いのか少ないのかわからない本髙克樹というJr.を応援しています。

もし今「どっちの方が好き?」と聞かれれば 本髙くん と答えるでしょう。でもたぶん伊野尾くんへの好きの絶頂期と本髙くんへの好きの絶頂期を比べれば良い勝負になるはずです。元担ってそういう存在だと思います。





あぁぁぁぁぁまとめが意味わからない。笑